おすすめの階段を調べよう

>

便利な階段になるようリフォームする

階段の基本的な決まりを知る

リフォームをする時は、ある程度の決まりがあることを知っていましたか。
自分の好きなようにリフォームして構いませんが、決まりを破ることはできません。
階段の場合は、横幅75㎝以上であることが決まりになっています。
これよりも狭くすることはできません。
他にも段の高さは23㎝以下、足をのせる部分の長さが15㎝以上など、細かい決まりがあります。

さらに、階段に手すりを設置することも決められています。
壁のすぐ隣に階段を作る場合は、壁が手すり代わりになるので特別に無くても認められるかもしれません。
ですが安全面を考えると、手すりを設置した方が良いです。
高さや幅を考えることも重要ですが、手すりをつけることを忘れないで計画を考えてください。

おすすめの階段のサイズを知ろう

何を目的にリフォームをするのか考えることで、ふさわしい階段のサイズが分かります。
段差の高さを、18センチから20センチにすると一般の人は上りやすくなります。
ですがその高さだと、足の不自由な人に対応していません。
家族内に足を上手く上げることができない人がいる場合は、段差の高さを17センチぐらいにするのがちょうど良いと言われています。

自分だけではなく、家族のことを考慮して段差の高さを決めてください。
また、今一緒に暮らしている家族のことだけを考えてもダメです。
これから数年後に、高齢になった両親と一緒に暮らすかもしれません。
その時にまた階段のリフォームをするのは面倒ですし、高い費用が必要になるので1回で済ませましょう。