おすすめの階段を調べよう

>

危険性を少なくするために

滑り止めをつけると安心できる

リフォームでは、好きな素材を選択できます。
フローリングや、人造大理石を使う人が多いです。
しかしそのような素材は、滑りやすいことを覚えておきましょう。
安全面を考える場合は、木材やコルクを使用することをおすすめします。
全てを木材やコルクにすると、価格が高くなります。

予算が少ない人は、踏み台の部分だけを木材やコルクにすると良いでしょう。
他の部分は、フローリングや人造大理石を選択することができます。
すると滑って転ぶ危険性が低下するので安全ですし、予算内でリフォームできると思います。
素材ごとに特徴があるので、リフォームを依頼する前に調べてください。
そして希望する素材を扱う業者に、リフォームを任せましょう。

暗い階段に注意しよう

階段が暗いと、足元がよく見えません。
それが原因で、踏み外すことがあります。
危険な事故を起こさないためには、階段を明るくしてください。
単純に電気を増やせば、暗くなることを回避できます。
お金に余裕がある場合は、電気を増やすよう業者に依頼してください。

ですが階段を上り下りするたびに電気を点けると、電気代が高くなります。
太陽の光を利用すれば、電気代が余計に高くなることを避けられます。
階段をリフォームするついでに、窓を増やしても良いでしょう。
また、床の色を明るいベージュなどにするのも良い方法です。
いろんな工夫をして、階段を明るく見せてください。
暗いと足元が見えないのに、年齢は関係ありません。
誰でも踏み外す危険があります。